履歴書・職務経歴書の書き方

職務経歴書作成のコツ

職務経歴書に書く内容は面接で聞かれる内容に似ています。面接のシナリオだと思って作成しよう!
ポイント
  • A4サイズで1~2枚が基本。あなたの仕事の歴史の総決算です。アピールできるよう加工しましょう。
  • 求人ニーズとキャリアを照合し、ニーズに合うことは強調し、関係無い部分は省略します。
  • 職務経歴書に書く内容は面接で聞かれる内容に似ています。面接のシナリオだと思って作成してください。
  • 経験を詳細に振り返って、自分の成長を盛り込みましょう。時系列に身についた事がみつかるはずです。
  • 批判、言い訳、評論はタブーです。採用しても同じことになりかねないと思われがちです。
必須項目
職務要約
キャリアの概要を簡潔にまとめます。
あらすじ、目次のようなものです。
職務経歴
時系列に職歴を具体的に書き出す部分です。 在職期間、社名、会社の規模、配属店舗 (業態説明、ポジション、売上規模、席数、 在籍人数) 自分が行った業務内容などを示し、
実際のはたらきぶりが伝わるよう工夫しましょう。
活かせる経験、知識、能力
応募企業をあなたの接点を伝える項目です。
自己PR
志望動機や意欲を盛り込み採用担当者に訴える文章にします。
1.キーワードがある
ニーズに合った言葉 抽象的で無いものを
2.行動がイメージできる
スキルと能力を事実と数字で具体的に
3.読みやすい文章
見る側に立った、簡潔で分かりやすいものを。自分本位な長文はNG
4.見やすいレイアウト
見出しをつけえ見やすいレイアウトで。
5.目指すは「よくできたビジネス文書」
です。

お仕事検索はこちら

ページトップ