履歴書・職務経歴書の書き方

応募書類を作成する際の心構え

応募書類は簡潔にわかりやすく、アピールするビジネス文書です。
ポイント
  • 選考は「将来のあなたの上司」が行います。現場の責任者(店長、料理長、AMGなど)を意識して作成してください。
  • 書類選考にかける時間は1分~2分程度です。相手がキャッチしやすい「キーワード」を埋め込んでおきましょう。
  • 応募書類は簡潔にわかりやすく、アピールするビジネス文書です。レイアウトにも配慮しましょう。
  • 書類を見ただけで、ある程度その人となりがわかります。良い書類は必ず報われるので、時間をかけて丁寧に仕上げてください。

「採用に直結するのは職務経歴書」
転職(中途採用では)履歴書と職務経歴書をセットで提出するのが常識です。

履歴書で採用側が重視するポイント
基本となるあなたの情報
  • →氏名、住所など基本情報やどのような経歴の持ち主かを見るための書類
  • →加工の必要ない情報は相手にわかりやすく書き、アピールは職務経歴書でおこなう
職務経歴書で採用側が重視するポイント
職場でのあなたの姿
  • →履歴書だけでは、伝えられない経歴を詳しく相手がイメージしやすいように書く
  • →相手の欲しいものにマッチするよう自分のスキルや経験をアピールする
  • →書き方で大きく差がつくので加工が必要。面接まで進むための重要なツール。
コラム

文章が長い人は面接でも失敗しがち。
文章が長くなるのは、相手に言いたい事が整理されていないためで、面接での受け答えでも話が長くなり、
要領を得ない回答になりがちです。職務経歴書の作成の際にあわせて、伝えたい事も整理しておきましょう。

お仕事検索はこちら

ページトップ